スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おばかな作品展

特に書くこともないので、おばかな作品展をします。ここでいうおばかな作品とは大量の余詰がある詰将棋とかそういうものではなくフェアリー的なやつです。

詳しくはこちらでhttp://www.dokidoki.ne.jp/home2/takuji/wfp.html

※受方の持駒についてですが、なしと書かれていなければ盤上の駒以外の駒全てを持っています。
では一問目
一手詰
ajabangygig.gif

二問目
味方協力詰 一手詰
※このようなルールは存在しないかも知れませんが、そう見えるということです。
ajabanuh.gif

三問目
とある二人の会話。
A「やあ、今日もいい朝だね。どうだ将棋でも指さないか」
B「それはいい!早速やろう」
A(先手)「にっしっし。私の勝勢のようだね」
B(後手)「う、うぅ・・・・・・」
と言ってコートに手を忍ばせる。
A「なんだね、これは?」
B「せ、千円出す。これで勘弁してくれ」
Bはさらに千円札を盤に叩きつけた。乱れた駒をAは直す。
A「残念ながら私はそういう主義じゃないんでね」
まもなくAはBを投了へと追い込んだ。
最短手順で後手玉を詰ませ。
その手数と手順を全て答えよ

ajabanggg.gif


四問目
グラフ詰。
5五の地点を原点0として、マスを線に見立て横軸をX、縦軸をYとする。Y=X-1のグラフを引きグラフが通過するマスに飛車を置く。このとき飛車の利きが無いマス目を答えよ。

※例えば1一の地点は(4・4)9九の地点は(-4・-4)4三の地点は(1・2)となる。

今日は眠いのでここまで。

※追記 1問目を修正しました。 解答をする人はコメントから管理人だけに送信のボタンを押して送信して下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

閲覧者数
プロフィール

かめぞうさん★

Author:かめぞうさん★
詰将棋作家のかめぞうです。

趣味は将棋と読書
好きな詰将棋作家は堀切良太さん。
創作は中学一年生の頃から始めました。作風は不明

好きな小説家は綾辻行人さんと貴志祐介さん。
中二の頃から熱中し、現在の購入本数は約百冊。叙述トリックが大好きで、今は古典を集めている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。