スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに

読者諸君、喜びたまえ。天才が誕生した。
その名は「貴志祐介」だ。

店に行き山田悠介の本を見ると「中・高校生が好きな作家ナンバーワン!!」とか書いてある。

ふざけんな

何故好きなのか教えてやろう。
それは山田悠介の本しか読めないからだ。いや、現在の若者はその程度の本しか読めないのだろう。言っておくがそんな本は小学生でも読める。だから「好きな作家は」と聞かれると「山田悠介」しか出てこない。

本という世界はもっと広いのだ。
一人の作家に拘っていると世界観がそれだけになってしまう。読書のコツは「ずらしながら読む」ことだ。
だから綾辻行人さんが面白いという本を僕は読んでいる。


そんな中、僕の本棚に「貴志祐介」が入ったのは半年前のことである。それは「悪の教典」だった。
読み終えて、こいつは天才だと思った。
それから今日に至るまである分のお金を使い「クリムゾンの迷宮」「黒い家」「十三番目の人格ISOLA」「ダークゾーン」「天使の囀り」「新世界より」を買った。

ハズレは一個もなかった。

で、なんでこんなことを書こうかと思ったかというと、一昨日買って読了した「天使の囀り」が凄すぎたのだ。

精神がおかしくなる人もいるんじゃないか?
かのショーペンハウエルの「自殺について」は自殺を確実に考える本だが「天使の囀り」もそんな気持ちになる。

まとめ切れないが本当に凄い。
トップ10入りは間違いないだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

閲覧者数
プロフィール

かめぞうさん★

Author:かめぞうさん★
詰将棋作家のかめぞうです。

趣味は将棋と読書
好きな詰将棋作家は堀切良太さん。
創作は中学一年生の頃から始めました。作風は不明

好きな小説家は綾辻行人さんと貴志祐介さん。
中二の頃から熱中し、現在の購入本数は約百冊。叙述トリックが大好きで、今は古典を集めている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。