スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディズニーシー

―さあ、本当の地獄を見せてあげよう・・・・・・



一昨日僕は東京ディズニーシーへ行った(千葉県にあるのに”東京”である)
出発したのは夜の2時くらいでついたのが9時ぐらいだから片道7時間という長い道のりだった。
その7時間の内容は書いたらきりがないので省略する。

着いて分かったのだが僕たちが行ったのは祝日であり人が混雑していた。まったく行くときを間違えたと思う。
僕たちが最初に向かったのは「トイストーリーマニア」とかいうやつ。僕はトイストーリーなるものを見たことが一回も無くて「あのカウボーイ何?」「ああ、あの宇宙飛行士は見たことある」という始末。

そろそろ告白するが僕はミッキーマウスが大嫌いである。なぜ嫌いかは馬鹿馬鹿しいので言わないがとにかく嫌い。考えてほしい。ミッキーマウス=ネズミである。あのネズミだ。食物を食べあさり、天井裏をかけ走って・・・・・・
結局一番かわいいのはプーさんなのだ。

なんとこの「トイストーリーマニア」で4時間待った。友達は「帰りたいよお」「俺、何しにここ来たんだっけ」とか呟き、ついには泣き出してしまった。
内容はそれなりに面白かったのでまあ許そう。

ディズニーシーは詐欺である。つくづくそう思った。ポップコーン(箱付き)で2500円とはどういう頭をしているのか。たいして箱にも工夫は見られずマクドナルドのハッピーセットと同類だ。しかもそれを友達が間違って僕の分まで買ってしまい泣く泣くお金を払わされた。

ホラー小説が「精神的な死」ならジェットコースターなどは「肉体的な死」だ。「精神的な死」に慣れてしまうとスプラッター小説も眉一つ動かさず読める。しかし僕は「肉体的な死」に慣れていない。したがって今回乗った「タワーオブテラー」なるものはとんでもないやつだった。
人間というのはタナトフォビアであるくせに死に魅せられる。「タワーオブテラー」もいわばビルの屋上から飛び降りればどんな感覚なのかを知る体験である。

最近、気力が衰えているというかもう疲れてしまったのでここまでにする。とにかくディズニーは「楽園」の顔ともう一つの顔を持っていることを言いたい。

―了
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ミッキー嫌いに1票……(-_-)

ミッキー
顔怖い
声怖い
そもそも…
ディズニーにいい思い出がない(´`)

(笑)




ミッキー嫌

お、ありがとうございます。
やっぱりミッキー嫌ですよね。

プーさんは可愛いけど。

同感

私もディズニーにいい思い出がない。
グロイ画像がトラウマに・・・・

私はそのころ歌ってましたwww
4時間待つ誰か姿を見ながらw

この世で最も悲しい感情は愛だよ。
悲哀という悲愛というね。
閲覧者数
プロフィール

かめぞうさん★

Author:かめぞうさん★
詰将棋作家のかめぞうです。

趣味は将棋と読書
好きな詰将棋作家は堀切良太さん。
創作は中学一年生の頃から始めました。作風は不明

好きな小説家は綾辻行人さんと貴志祐介さん。
中二の頃から熱中し、現在の購入本数は約百冊。叙述トリックが大好きで、今は古典を集めている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。