スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説いろいろ

「これはゲームであっても遊びではない」
―茅場晶彦



僕の好きな小説のジャンルは、ミステリー・サスペンス・デスゲームである。
今日はこの中のデスゲームのことについて書いていく。

デスゲームとはなんなのか?それはその名のとおり死のゲームである。プレイヤー間で争われる死のゲームである。
デスゲームを代表する作品といえば「バトル・ロワイヤル」「クリムゾンの迷宮」「インシテミル」の3作だろう。残念ながら僕は「バトル・ロワイヤル」を買いたいのだがどこの本屋に行っても売っていないのである。
デスゲームにおける主なパターンで、プレイヤーが参加するきっかけとなるのが「強制参加」「自発的参加」「偶発的参加」の大きく3つに分けられる。ゲームルールは「競争制」「半協力制」「協力制」の3つに分けられる。
これらを上記3つの作品に分類してみると

バトル・ロワイヤル 強制参加 競争制
クリムゾンの迷宮  偶発的参加 競争制
インシテミル    自発的参加 半協力制

となる。多少グロテスクな部分もありますが面白いので是非読んでみてください。(おすすめはクリムゾンの迷宮)

―了
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

閲覧者数
プロフィール

かめぞうさん★

Author:かめぞうさん★
詰将棋作家のかめぞうです。

趣味は将棋と読書
好きな詰将棋作家は堀切良太さん。
創作は中学一年生の頃から始めました。作風は不明

好きな小説家は綾辻行人さんと貴志祐介さん。
中二の頃から熱中し、現在の購入本数は約百冊。叙述トリックが大好きで、今は古典を集めている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。