スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香龍会へ (一)

二月二十四日、名古屋市で「香龍会」と呼ばれる詰将棋の会合があった。
これからそのことを書こうと思う。

AM7;00
 慣れているせいか七時ちょうどに目が覚めた。バスの時間まではバス停への移動時間も考えるとまだかなりあるのでゆっくりとしていられる。
 朝食を食べて身支度をすませる。小さなカバンの中にはいつものように「詰将棋パラダイス」とボールペンを一つ入れておいた。それからはただコタツに入って寝るか、将棋盤を持ってきて詰将棋を作るかのどちらかである。選んだのはコタツに入る方だった。
 親の出発の声で目が覚めた。このまま外へ出るのは寒すぎると思いハンガーにかけてあった黒い服を取った(そのとき机に置いてあったスーザン・コリンズの本をちらっと見た)
 出発の前に「撫子」を追加で入れるか迷ったが、あえてやめておいた。そのかわりに島田荘司の「占星術殺人事件」を押し込んだ。
 そして車へと向かう

AM 8:50
 しばらくしてバス停に着いた。あと六分でバスが来る予定なのにバス亭に人は僕以外いなかった。バス停のすぐ隣にはコンビニがある。恐らく皆ここで本を立ち読みして待っているのだと思い、僕もそれに倣った。

AM 9:01
 バスが来て、店を出たのは一人だった。さきほどのは思い違いだったらしい。
 僕はバスの中に入り、がら空きの座席の一つに座った。

AM 10:27
 バスを降りると公園にある大きな噴水が見える。そして後ろにはオアシス21とバスターミナル。ここ栄は、なかなか交通が便利なところである。
 公園のベンチに座り詰将棋パラダイスを開くいて香龍会が開かれる場所を確認する。
「名古屋市中村生涯学習センター3階第2和室」
 冊子を閉じて立ち上がり、地下道への階段を下りる。場所は名古屋市だが「名古屋」へ言ってはいけない。名古屋市といっても、それなりに広いのだ。僕が目指す場所は「本陣」だ(反射的に横溝正史の「本陣殺人事件」が頭に出てきた)地下鉄に乗っている間、カバンの中から黄色い本を取り出して読みふけった。

AM 11:03
 地上へは四番出口から出るのが一番開催場所に近いと言われていた。出て辺りを一瞥すると分かれ道だらけだった。どこに行くべきか迷ったがじっとしていても仕方がないので適当に歩き始めた。
 五分ほど歩いたらコンビニを発見した。そしてその近くにもう一つ、地下へ通じる階段を発見した。
 もしこの辺りに「中村生涯学習センター」があるのならその出口から出た方が近いに決まっている。
 僕は今来た道を戻り始めた。

AM 11:17
 一つ分かったことがある。この辺りは風が異様に強いということだ。(偶然、強風の日だったかも知れないけれども)四方八方から吹き付ける風に顔は氷のように冷たくなった。下向き加減で歩くと目の前に大きな建物が現れた。
 看板を見る。そして息を大きく吐いた。

「中村生涯学習センター」
 見つかった。

続く
スポンサーサイト

かめぞうが選んだ綾辻行人「館シリーズ」ベスト10

人形館がクラスで爆発的人気です。
そういえばやってなかったのでやります(書くネタがないだけ)

1位 人形館の殺人
2位 十角館の殺人
3位 迷路館の殺人
4位 時計館の殺人
5位 黒猫館の殺人
6位 暗黒館の殺人
7位 奇面館の殺人
8位 水車館の殺人
9位 びっくり館の殺人
10位 ???(未発売)

9位の「びっくり館」にはちゃんと理由があります。
なんとトリックが、開始30ページほどで分かってしまったのです(!)

あと全く関係ないですが今週の日曜日に香龍会に行きます。
なので変なガキがくると思うので気をつけて下さい(笑)

2013年上半期 かめぞうが選んだ小説ベスト10 

久しぶりにやりたいと思います。

1位 綾辻行人「人形館の殺人」
2位 アガサ・クリスティー「そして誰もいなくなった」
3位 貴志祐介「悪の教典」
4位 エラリー・クイーン「Xの悲劇」
5位 ウィリアム・アイリッシュ「幻の女」
6位 貴志祐介「クリムゾンの迷宮」
7位 綾辻行人「どんどん橋落ちた」
8位 アガサ・クリスティー「アクロイド殺し」 
9位 有栖川有栖「双頭の悪魔」
10位 米澤穂信「インシテミル」

そうそうたる顔ぶれが揃っております。
やっぱり1位は人形館。
1位~3位は、かなり凄いものが出ないと崩れることはないでしょう。

やったー!

僕の年賀詰が62作品中で投票五位に入りました。

その詰将棋がこれだ!!
ajabangfytf.gif

答えは言うまでもないでしょう。狙いは脅威の四段曲詰「2→巳→E→5」
あと2票入れば4位でした。


綾辻行人 二月の予定

申し訳ないですが、調べた綾辻行人さんの二月のスケジュールをここに分かりやすく書き留めておきたいと思います。

二日(土)「Another ~episode S」角川 小説屋Sari-Sariにて更新
八日(金) 映画「アナザー Another」Blu-ray&DVD レンタル開始
十二日(火)「野性時代」三月号 阿佐田哲也特集 麻雀対局
二十二日(金) 映画「アナザー Another」Blu-ray&DVD 発売
二十五日(月) 綾辻行人「深泥丘奇談・続」(MF文庫ダ・ヴィンチ)刊行

今後の執筆予定

「Another ~episode S」角川 小説屋Sari-Sariにて連載中
「Another 2」(仮題)(「Another」の続編)構想中
 深泥丘シリーズ短篇 「幽」にて連載(六、十二月)

高校合格

―塾長へ捧ぐ

今日、高校合格の通知がきました。まあ、よかったです。
けど、僕は人にはあまり言いふらさない(脳あるタカは爪を隠す?)

全く長い道のりでしたね。
ず~と勉強して、やめると怒られる。まさに「死のロングストリート」ただし、ずっと南には歩いていない。

一応開放されたので暫く先ほどまでスプラッター小説を読んでいました。しかし、その内容が酷かった。文章は下手くそなくせにグロテスクなシーンだけ、やけに強調するから。題名は言いたくないですが「となりの家の少女」みたいな感じです。「殺人鬼」シリーズといい勝負かな?

そして先日ある発見を。「海猿」の最新作を見ていたら飛行機の中の乗客に塾長そっくりな人を発見。一応、眼鏡を掛けている男の男性です。何回も出てくるのでわかるはず。

―了

たまには

僕の本に対する評価(見た目)は「表紙」「売り文句」で殆ど決まる。
だから例えば

著者:かめぞうさん 亀象館の殺人
この本を読まずして生きていけるか。全人類必読の書

と、あったら買うしかない。で、「また売り文句に騙されたー!!」と嘆く。
最後に僕の好きな表紙を
41Ner-2T-eL__SL500_AA300_.jpg

本屋へ

今日また本屋へ行ってきました。1時間ほど徘徊していたら夢野久作さんの「ドグラ・マグラ」を発見。読もうとして表紙を見ると・・・・・・イカれてました。内容もなんか難しそうなので読むのはやめときました。ちなみに僕の精神はイカれてないので大丈夫です(そもそもイカれているが)

「星降り荘の殺人」という本があって読んでみたら面白そうだったので購入。大好きなクローズドサークルでした。もうちょっと死んで欲しかったけど、アンフェアぎりぎりの叙述トリックがよかったです。

それと島田荘司の「占星術殺人事件」と「斜め屋敷の犯罪」を購入。
貴志祐介さんの「ダークゾーン」と吉村達也さんの「うそつき荘殺人事件」を探したが見つからず。マルゼンじゃなきゃ売っていないか。

結局その後アガサ・クリスティーの「春にして君を離れ」と「死が最後にやってくる」を購入。
計四千円程。残額約五百円。
これからまた金が知らないうちに貯まるのだから恐ろしい。
(詰将棋サロンで稼ごうかな)

藤井君について

見事谷川賞を受賞した藤井君。
作品のよさは僕の頭ではよく分かりませんがおめでとうございます。
まあ、藤井君と僕は東海研修会の二大詰将棋作家であり(中田章道さんは除く)いつも端っこの方で詰将棋を作っていた訳であります。
なので僕は藤井君の作風を知っている。

最初に彼に「手筋期」が訪れる。ザ・手筋。そればっかり。
そして「手筋期」→「合駒期」に突入する。これは恐らく僕の影響。
そして「合駒期」→「入玉・銀不成期」本当に入玉と銀不成しか作らなかった。
今現在は何期なのかは分からない。
ちなみに僕は進歩していない。

棋風はオールラウンドプレイヤー。
相横歩はやるわ32飛はやるわなんでもできますよ、だった。
ただ、負けたら泣く(これは大会でのみ)

終わり

処刑執行

「殺す。お前を絶対に殺す」
―アキヤマシンイチ(ライアーゲーム)

遂に堪忍袋の緒が切れました。今日「編集長」こと、あいつを処刑します。

事の始まりは夏休み前。
編「なあ、かめぞう。なんか本貸してよ」
僕「ああ、いいけど。どんなのがいい?」
編「あれでいいわ。ほら、お前が言ってる綾辻のやつで」
僕「それなら今、人形館の殺人を持ってるから貸してやるわ」
編「どうもどうも。夏休み明けには返すでね」

―夏休みが明けて
僕「おーい。持ってきたか?」
編「おっと、明日もって来るわ」

―何週間か過ぎて
僕「はよ、返せや」
編「ああ、今読み途中」

―何ヶ月か過ぎて
僕「おい。人形館」
編「まだ読んでるって」

埒があかないので僕は一枚の紙を突きつけた。
編「何、それ?」
僕「契約書や。ここにサインしろ」
来週までに人形館の殺人を返さなかったらブログにお前の名前をバラすという内容だった。
編「はいはい、分かった分かった」
僕「指を出せ」
出された指にマジックで色を塗る。
僕「そしてサインの横にポチッと。よし出来た」
契約書完成である。

―一週間後
僕「持ってきたか?」
編「ああ、忘れた。明日は持ってくるから」

―今日
僕「持ってきたか?」
編「うるさいなあ。あるわけないだろ」
僕「今週持ってくるって言ったよな」
編「・・・・・・・・・・・・」
僕「それと”Xの悲劇”をどこにやった」
編「ああ、あそこに隠した」
見ると、無残にも半分に折られたエラリー・クイーンの代表作があった。

ということで処刑します。
さてまず写真を載せましょう。
DSC01505.jpg

本名 イ○ラハ○カ(あえてカタカナにしておきます)
英語の点数12点
数学の点数9点
農園をやっている。

かわいそうだと思う人もいるかも知れませんが、そもそも契約書に書いたことであり本人が返さないのが悪いのである。

―了

人知れずこそ

「敵というのは倒すためにいるんだ」
―魍魎の匣

えー、今日高校受験がありました。国語は簡単でしたが数学が鬼難しい。
例えれば「さいたま2000の鬼レベル」


それと面接でいいことが

面接官「今日の試験どうだった?」
僕「数学が難しかったです。」
面接官「できたぞっ!!っていうのは?」
僕「国語の小説文です」
面接官「えーと***君は小説が大好きだと。作家は誰が好き?」
僕「綾辻行人とアガサ・クリスティーです!!」
(恐ろしいほどの勢いで。貴志祐介は言い忘れた)

「綾辻行人」が言えて良かったです。
帰りにアガサ・クリスティーの「ゴルフ場殺人事件」「ナイルに死す」「予告殺人」を購入。やっと読書の時間が取れる。

―了
閲覧者数
プロフィール

かめぞうさん★

Author:かめぞうさん★
詰将棋作家のかめぞうです。

趣味は将棋と読書
好きな詰将棋作家は堀切良太さん。
創作は中学一年生の頃から始めました。作風は不明

好きな小説家は綾辻行人さんと貴志祐介さん。
中二の頃から熱中し、現在の購入本数は約百冊。叙述トリックが大好きで、今は古典を集めている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。