スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kの悲劇

※これより書く内容は僕が通う塾を鮮明にうつしたものであり、決して叙述トリックなどは入っていない、安心されよ。登場人物の名は最低限度の人権を考慮し、あだな等を使っている場合がある。


―友へ、どうしても書いて欲しいというのなら。それと僕が一番嫌いなのが塾長だと勘違いしている人へ


登場人物
僕・・・・・・中学三年生。強化指定選手
ハリカ・・・・・・同
トモヤ・・・・・・中学三年生。新規生徒
塾長・・・・・・I**塾、塾長
しも・・・・・・塾講師
今井・・・・・・同


雪解け水で微かに濡れた傘を閉じ僕は喫茶店に入った。いつものことなので定員から怪訝な目で見られることは無い。椅子に座り、傘で隠れきらず水でその色が余計に濃くなった鞄からテキストと筆箱を取り出し慣れた手つきで淡々と作業をやり始めた。
 
「っちはー」
ハリカが塾に入室し、塾長は間の抜けた声に反応しパソコンから顔を上げた。やけに機嫌がよい訳を聞いてみると返ってきた答えは
「かめぞうがまたやってましたよぉ」だった。
 塾長が何かを言いかけたところで外で五時を知らせる音楽が鳴り始めた。それからいくらか経ったところでかめぞうが勢いよくドアを開けた。音楽はまだ鳴っていた。
 
 僕は息を切らしたまま道具の準備をし先生がいるところへ向かった。
見ると二人。先生とトモヤだ。暫くして先生一人、生徒二人の授業が始まった。
 「じゃあ、かめぞう君。宿題見せて」
はっとした。が、先ほど確認したので大丈夫だ。
「えーと・・・・・・この訳が違いますね。 I didn't want to see anyone at all.私は誰にも会いたくない、ではありません。not at allは全く・・・・・・ではない。という意味があって・・・・・・ん?ちょっと。聞いてますか?」
「あ、ああ・・・・・・はい大丈夫です」
「・・・・・・授業に集中してね。まあ、他の訳はいいでしょう」
僕が一息ついたのも束の間
「かめぞう君。ところでnot at allの意味ってなんだっけ」
「の、のっとあっとおーる?えーと、ほら、あれですよ。あの・・・・・・ええっと」
「・・・・・・・・・・・・聞いてませんでしたね?」
「・・・・・・聞き逃しました」
「いえ、聞く気が無かったんです。しっかりとノートにメモしておきなさい」

くそっ、”今井”め

―次の週―
塾長はスリッパを履いていた僕に言った。
「ああ、かめぞう。今日はな、寂しいけど今井先生はお休みだ。だから代わりに、しもが授業してくれるから」
「ほお」僕の胸は高鳴った。
「なんで」
「産休かな」
産休、ということは暫く塾に来ないのではないか。心の中は一人パーティー気分だった。

―またもや次の週―
「こんにっちはー」
またもや勢いよく前とは違う気分でドアを開けた僕に「うるさい」と言った塾長を除き、塾講師は皆笑って(苦笑い?)していた。
「かめぞう。そんなに元気が良いってことは学校で聞いたか?よかったなあ、元気になられて」
僕は、はっとして辺りを見回した。

物陰に大きなお腹をした女性が立っていた。


―了
スポンサーサイト

近況報告

えー、いろいろ書くことあります。

まず、詰アルプスから帰ってきて、寝た。そして朝起きる。だるい。これはまずいと思って医者に行ったら風邪を引いたらしい。熱は38度、明日学校は無理だなーと思っていたら、次の日にケロッと直ってしまった。恐るべし。

2つ目
オリエント急行を読み終わりました。コ○ン事件は(12月19日の日記参照)どうだったかというと、もろトリックを書いてあります。オリエント急行を読む前に名探偵コ○ンの最新刊は絶対に読んではいけない、と一応言っておこう。

3つ目
どうでもいいけど、鏡の前を通ったら自分の姿が映ってなかった。まあ、こんなこと日常茶飯事なのだが。

4つ目
将棋世界に投稿したはずのハガキが引き出しの中に。ああ、やってしまった。

もうちょっとなんかあった気がするけど夜も深いのでここまで。

ケロちゃん降臨

―昔、将棋ランドで知り合った人へ。覚えてないかもしれないけれども



プロフィール画像が変わりました。昔、某SNSサイトで使っていたものでした。  しかしキャラクター名が分からなかったので今まで捜索していました。
さて、また神様になります。

追記:塾長に勝ったので明日、詰アルプスへ行けます!(課題作はなんにもできてないけど)

―了

自己紹介

いまさらですが。
※スマホでは見にくいと思うのでパソコンモードで見ることをお勧めします。

1、名前 かめぞうさん
2、性別 男
3、身長 165センチぐらい
4、体重 50ちょっと
5、生年月日 1997年9月13日
6、職業 中学3年生
7、居住地 長野県
8、趣味 将棋、読書
9、将棋歴 5年ほど
10、棋力 正式免状3段
11、棋風 受けを好む
12、好きな棋士 強いて言うなら永瀬さん
13、詰将棋歴 約3年
14、きっかけ 将棋ランドで冨永さん達に会ったから
15、好きな詰将棋作家 堀切良太さん
16、感銘を受けた作品 詰パラ2010年2月号大学院 堀切良太作
17、その理由は 僕が合駒を好きになった作品だから
18、入選回数 今現在では3回
19、発表数 ネットを含めると30程度
20、作風 合駒をちょっと出す
21、創作あるある 収束がつかない
22、好きな駒 角
23、その理由は 合駒(特に中合)で出しやすいから
24、嫌いな駒 銀
25、その理由は なかなか出ない
26、詰将棋をしていてよかったこと 現実逃避できるし1番自由になれる
27、詰将棋をしていて嫌だったこと ありません
28、いつまで詰将棋をする 命尽きるまで
29、好きな小説家 綾辻行人 貴志祐介
30、好きなジャンル ミステリー、サイコホラー、デスゲーム、密室サスペンス
31、嫌いなジャンル カルトホラー
32、小説は何冊持っている 80冊ほど
33、合計金額 8万円ほど
34、名作といえば アガサクリスティー・そして誰もいなくなった
35、お勧めは 綾辻行人・人形館の殺人
36、願っていること 単行本を早く文庫化してほしい
37、社会派について もうその時代は終わっています
38、最後に一言 携帯小説に騙されないでください




1月戦争

「これで貴様は死刑だ!」
―天国と地獄



僕と塾長が戦った11月戦争は少なからず有名だ。死闘を制し勝利を手にしたのは僕。というわけで11月10日に無事に楽園に旅立った。

が、もう既に僕と塾長の戦いは始まっているのである。今日、1月13日の日曜日(金曜日ではないことが残念)の6日後、1月19日の土曜日に再び楽園入りのゲートは開かれるのである。
僕はそこに行きたい、しかしそれを塾長に言うと「じゃあ、この課題が全て終わったらな」とでも言ってプリントを山のように出すのである。(そういえば今回の”会合”の課題はアルプスっぽい作品だったな)と、いうわけでまだこの事を塾長には言っていない。どうせ親が勝手にチクるのがオチなので。

(話が変わる)
見たことのない合駒を発見。論理的には成立していると思うので宮原君とかが見つけないうちに作ってしまおう。

―了

年賀詰

新年・詰将棋 この言葉から連想できるのは年賀詰です。
他の詰将棋作家達のブログを見ると、宮原さんも鈴川さんも・・・・・・結構多くの人が年賀詰を作っています。なので僕もそれに倣って年賀詰を作りました。
簡単ですけどね。

ajabangれgt

さあ、何が出てくるのか?(想像できますが)

謹賀新年

去年は詰パラに彗星の如く、くだらないペンネームの新人が現れたり(あえて誰とはいわない)綾辻さんに出会った年でもありました。今年は暇を弄んで作品集を作ろうと考えています。
なにはともあれ、おめでとうございます。
閲覧者数
プロフィール

かめぞうさん★

Author:かめぞうさん★
詰将棋作家のかめぞうです。

趣味は将棋と読書
好きな詰将棋作家は堀切良太さん。
創作は中学一年生の頃から始めました。作風は不明

好きな小説家は綾辻行人さんと貴志祐介さん。
中二の頃から熱中し、現在の購入本数は約百冊。叙述トリックが大好きで、今は古典を集めている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。