スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年、最後の短編

「騙すか、騙されるか。そこがミステリー」
―綾辻行人



本日大晦日にこんなことを書こうと思ったのは言うまでもない。暇だからである。中学三年生が「暇」というと怒られてしまうのだがせめて大晦日と正月は休みたい気持ちである。
さて、これから書くことは昨日実際に起こった奇妙なことである。しかしそれを普通に書いていては日記として扱われるだろう。なので仕掛けを施し、伏線も張って小説化してみた。よって文章中の所々で違和感を感じるかもしれない。何がおかしいのか、是非この謎を解き明かして頂きたい。一つアドバイスをしておく。
「先入観には気をつけること、そこが小説家達の狙い目でもあるのだから」


「消失」
今日も塾の冬季講習は九時から始まり少しの休憩時間(とは言っても塾長からの説教だったが)を挟んで三時に終わった。塾に置いてあるハンガーにかけてあったコートを手に取り塾を出た。そのときに私の友達から「明日遊ばない?」と言われたが私は「ごめん、今ちょっと・・・・・・」とお腹を押さえるポーズをした。私の家から塾までは少し遠く三〇kmほどあり普段は車での送迎が基本だが今日に限っては両親に抜けられない都合が入っていたため結局バスで帰ることになった。バスの来る時間まで鞄に入れてあった詰棋本を読んだ。しばらくして前のほうで大きなブレーキ音が鳴ったので本から顔を上げると車体に「コミュニティーバス」と消えかかった文字が書いてあり私はそれを確認してバスに乗った。中には運転手以外誰もいなかった。私が座席に座ると入り口から何人か乗ってきた。なんとなく人数を数えたら三人だった。私の後ろの座席に高校生らしき人が二人、そして私の前には長身のすらっとした、染めた髪が肩まである人が乗った。そうしてドアは閉まり計四人がバスに乗った。バスに乗ってからしばらくは我慢の時間だった。それは後ろの二人が「ちょ、クリスマスどうだった?」「私、彼氏と~」「私もだし~」など、ときおり聞こえてくる会話と笑い声にかなり苛ついていた。その二人が途中のバス停で降りたき私は小さく息を吐き下唇を噛んだ。それからバスには乗る人も降りる人もいなく、遂に私の降りるところへついたので私は重い腰を上げて前に行き、運転手のおじさんにお金を払いバスを降りた。
と、ここで私はあることを思い出したのである。(私の前の席に女性がいなかったか?)私は記憶力が悪いので後日またそのバスに乗ったとき運転手のおじさんに、前乗ったとき私の前の座席に女性が乗っていたかどうかを訊いてみた。すると返ってきた答えが「あんたの前の座席に女性?いりゃしないよ。俺の記憶力をなめちゃだめだよ」
私は背筋が凍るのを感じた。

○作者からの情報提供
頭がこんがらがっている人に作者から情報をあげたいと思う。”バスの中には女性がいたのである”果たして何が起こっているのか。自分なりの結論を出して頂きたい。

―了
スポンサーサイト

詰パラ1月号

今月は僕の作品の解答が新人コンクールに載っていました。
評点は2・67でなんと首位!!

ajaban44

21桂成、同金、23桂、同歩、21と、同玉、31金、同玉、51飛成、41桂合、21金、同玉、41竜、31飛合、13桂、22玉、21金、12玉、11金、同飛、同竜、同玉、31飛、12玉、21飛成 まで25手詰

狙いは合駒2回と31金だったのですが、金の着手が1段目というのもありました(全く気がつかなかった)
解答者からは概ね好評で「傑作」という短評もありました。特に佐藤さんの短評で「10日悩んで31金を発見、ショックだった」これは超嬉しかったです(僕の性格のせいか)

さあ、来月は載るかなぁ。

おばかな作品展解答

さて、おばかな作品展の解答をします。
第一問
一手詰
ajabangygig.gif
1・5 9・5香まで一手詰。
恐らく批判殺到だと思います。9の下は壁ですからね(後になって気がついた)

二問目
味方協力詰 一手詰
ajabanuh.gif
53香不成まで一手詰
これで53の角に香の利きが加わって合利かずなので詰です。

三問目
最短手順で後手玉を詰まし、その手数と手順を答えよ
ajabanggg.gif
一手詰め 14竜まで

23の金は本当の金(千円)だったのだ。

四問目
グラフ詰。
5五の地点を原点0として、マスを線に見立て横軸をX、縦軸をYとする。Y=X-1のグラフを引きグラフが通過するマスに飛車を置く。このとき飛車の利きが無いマス目を答えよ。

(-4・4)
実際に盤を使って考えると簡単かも知れない。

足早ですがすみません。

小説いろいろ

「これはゲームであっても遊びではない」
―茅場晶彦



僕の好きな小説のジャンルは、ミステリー・サスペンス・デスゲームである。
今日はこの中のデスゲームのことについて書いていく。

デスゲームとはなんなのか?それはその名のとおり死のゲームである。プレイヤー間で争われる死のゲームである。
デスゲームを代表する作品といえば「バトル・ロワイヤル」「クリムゾンの迷宮」「インシテミル」の3作だろう。残念ながら僕は「バトル・ロワイヤル」を買いたいのだがどこの本屋に行っても売っていないのである。
デスゲームにおける主なパターンで、プレイヤーが参加するきっかけとなるのが「強制参加」「自発的参加」「偶発的参加」の大きく3つに分けられる。ゲームルールは「競争制」「半協力制」「協力制」の3つに分けられる。
これらを上記3つの作品に分類してみると

バトル・ロワイヤル 強制参加 競争制
クリムゾンの迷宮  偶発的参加 競争制
インシテミル    自発的参加 半協力制

となる。多少グロテスクな部分もありますが面白いので是非読んでみてください。(おすすめはクリムゾンの迷宮)

―了

かめぞうの本棚

今日は僕の本棚を紹介します。
※友達に10冊ほど貸しているので量はそんなにありません。
DSC01528.jpg

これが、まぁ色々入っているところです。
(主本棚)

DSC01526.jpg

これが詰将棋関連の本棚。今年の6月号を無くしてしまった。
そしてフィナーレを飾るのは・・・・・・

DSC01527.jpg

我が敬愛する綾辻行人氏の本。
うーん。見ているだけで心が潤いますなぁ。

本屋へ

昨日、本屋へ行ってきました。買った本は

貴志祐介 クリムゾンの迷宮
有栖川有栖 女王国の城(上・下)
有栖川有栖 孤島パズル
有栖川有栖 双頭の悪魔
法月綸太郎 キングを探せ
アガサ・クリスティー オリエント急行の殺人
アガサ・クリスティー ABC殺人事件
アガサ・クリスティー Xの悲劇
アガサ・クリスティー Yの悲劇
アガサ・クリスティー Zの悲劇
ウィリアム・アイリッシュ 幻の女

貴志祐介さんの「ダークゾーン」を探しましたが見つからず。出費はちょっと痛かったですが本の価値に比べれば・・・・・・。

※クリムゾンの迷宮を深夜2時まで読んで読みきりました。超面白かったです。

おばかな作品展

特に書くこともないので、おばかな作品展をします。ここでいうおばかな作品とは大量の余詰がある詰将棋とかそういうものではなくフェアリー的なやつです。

詳しくはこちらでhttp://www.dokidoki.ne.jp/home2/takuji/wfp.html

※受方の持駒についてですが、なしと書かれていなければ盤上の駒以外の駒全てを持っています。
では一問目
一手詰
ajabangygig.gif

二問目
味方協力詰 一手詰
※このようなルールは存在しないかも知れませんが、そう見えるということです。
ajabanuh.gif

三問目
とある二人の会話。
A「やあ、今日もいい朝だね。どうだ将棋でも指さないか」
B「それはいい!早速やろう」
A(先手)「にっしっし。私の勝勢のようだね」
B(後手)「う、うぅ・・・・・・」
と言ってコートに手を忍ばせる。
A「なんだね、これは?」
B「せ、千円出す。これで勘弁してくれ」
Bはさらに千円札を盤に叩きつけた。乱れた駒をAは直す。
A「残念ながら私はそういう主義じゃないんでね」
まもなくAはBを投了へと追い込んだ。
最短手順で後手玉を詰ませ。
その手数と手順を全て答えよ

ajabanggg.gif


四問目
グラフ詰。
5五の地点を原点0として、マスを線に見立て横軸をX、縦軸をYとする。Y=X-1のグラフを引きグラフが通過するマスに飛車を置く。このとき飛車の利きが無いマス目を答えよ。

※例えば1一の地点は(4・4)9九の地点は(-4・-4)4三の地点は(1・2)となる。

今日は眠いのでここまで。

※追記 1問目を修正しました。 解答をする人はコメントから管理人だけに送信のボタンを押して送信して下さい。

最悪な出来事

―A山氏へ―


※中傷的なことが書かれておりますが決して商売妨害ではなく個人的な意見によるものです。しかしできるだけ最低限の被害にするため、個人名やその物自体の名前は最低限伏せています。そのことを了承してお進み下さい。

今日とても腹が立ったことがあった。
まず、僕がローソンに行くとそれはあったのである。「名探偵コ〇ン」が。やっと出たと思い買って家に帰って読む。なにやら目次がアガサ・クリスティー風になっているところが気になった。今回の事件はアガサ・クリスティーの「オリエント急行の殺人」をモチーフにした作品らしい。実は僕はオリエント急行の殺人をまだ途中までしか読んでいなく、もしかしたらトリックがわかってしまうのではないか思ったが、まさかそんなことをするはずがないと踏んだのである。

―ここから事件は始まる―

と、このように書いてしまうと「コ〇ンのトリックとオリエント急行のトリックが同じだった」と考える人もいるかも知れない。しかしそれならまだ良かった。コ〇ンとオリエント急行のトリックが同じことはわからないのでコ〇ンを読み終わった後にオリエント急行を読めばいいことである。
・・・・・・こんなに優しくなかったのである。

問題のセリフがこちら(多少変えてある)

コ〇ン「どうやって犯人は***を殺害したんだ?」
毛利〇五郎「わかったぞ!!」
毛利〇五郎「まず犯人は***をして+++さんを×××した。そしてかくかくしかじか・・・・・・」
コ〇ン「ってそれオリエント急行の殺人のトリックじゃねえか・・・・・・」

おいおい、こっちはまだオリエント急行読んでないんだよ!!何言っちゃてんだよ。
こういうのはやめてほしい。

―了

※宣伝 
僕が暇つぶしに、おばかな詰将棋を5つほど作ったので近日中に公開します。

よく質問されること

―友に―


よく言われることがある。
「なんでブログの記事の最初に―・・・・・・―みたいなの付けとるの?」
今日の場合は「―友に―」ですね。これは僕の尊敬する綾辻さんの本の一番最初に必ずあるからです。

「っていうか、あれってちゃんと意味あるの?」
あります。前の記事の場合は13年前「殺人鬼―復活編―」を綾辻さんが書くと言っておきながら全く書かないのを使わせてもらいました。

さあ明日は何を書こう

―了

塾長―復活編―

―13年前の綾辻行人氏に捧ぐ―

塾長がまたキレて2時間の説教をくらいました。
今回出た宿題は
テスト見直し(5教科)
模試見直し(5教科)
課題やりなおし(5教科)
宿題(理科・国語・社会)
プリント(英語)
授業宿題(英語・数学)
過去問題集(5教科)
勉強(5教科)

これを金曜日までに全部終わらせなきゃぁ・・・・・・・・・・・・ハァ
もう本当に勘弁してほしいです。

―了

車の中で

―世界が変わった1920年へ―

登場人物

僕・・・・・・読書が好きな中学生
N・・・・・・テスト学年1位
M・・・・・・金の亡者(中学生)

一昨日のことである。

塾に向かう車の中で

N「あれ?かめぞう君。何読んでんの」
彼女は成績優秀なもので殆どの知識をマスターしている。
僕から本を取り上げた。

N「あれっ、これ綾辻じゃん。本当好きだなあ。題名はえ~と・・・・・・”どんどん橋落ちた”?マジうけるんだけど」

僕「綾辻は絶対読んだ方がいいよ。人生変わるから」

M「あ~そっか。かめぞう君は本ばっかり読んでいるから国語ができるのかぁ」
ちなみに模試で国語の点数は前々回が90点。前回が88点である。

僕「まあ、そのおかげかも知れんけどな。読んでるのは綾辻だけじゃなくて例えばアガサ・クリスティーとかな」

N・M「誰それ?」

僕「ええっ!!アガサ・クリスティー知らねぇの!!」

N・M「だから知らんって」

僕「ほら、”そして誰もいなくなった”とか”オリエント急行の殺人”とか」

N「ああ、それは聞いたことがある。っていうかそんなん普通知らんって」
普通は知らない?ふざけるな。学年1位がアガサ・クリスティーを知らないとは  なんたることだ。このとき確かに僕はショックを受けていた。

僕「も、もしかしてエラリークイーンやジョン・ディクスン・カーとかも知らないと?」

N「えらりいくいーん?じょんでぃ・・・・・・なになに。知らんわそんなん」

僕「なんてこった!!学年1位がアガサ・クリスティー、エラリークイーン、ジョン・ディクスン・カーを知らないだと?ミステリー黄金期の3人だというのに。
ん?違うかこの3人は確かBig Threeとジョン・L・ブリーンが呼んだんだ。そして彼らを特別扱いしたのがアンソニー・バウチャーだったな。
このときは僕も大好きなパズラーが主流だったのに黄金時代が終わってリアリズムの時代になってしまったんだよ。ハードボイルド、サスペンス、スリラーがこのころ主役を演じてしまう。
そこでパズラー愛好家の欲求を充足してくれる作家と言うとこの3人になる。そして彼らの熱い目はアガサ・クリスティー、エラリークイーン、ジョン・ディクスン・カーに向けられたってわけだ。」

ついに言ってしまった。
話終わって彼女たちを見たら冷め切った目が僕に向けられていた。

―了

!!

夢で見た2連合が成立していた。
これだから詰将棋はやめられない(大げさ)

将棋団体戦

今週の日曜日に山梨で将棋団体戦があるので行って来ます。
メンバーは(順番は今のところ)

一将 かめぞう 三流詰将棋作家。得意は受けつぶし
二将 T中先生 某中学校の理科教師。論理的に話すのが特徴
三将 S井   なぜかストレスがとてもたまっている 
四将 K合   通称、ごりら。柔道で県大会に幾度と出場している
五将 I原   通称、編集長。「人形館の殺人」を半年も借りている

特に指導に力を入れたのはK合君とI原君。
超がんばって色々なことを教え込ませました。

日曜日が楽しみです。

初めまして

前のブログがおかしくなったので同じようなやつを新しく作りました。

どうぞよろしくお願いします。
閲覧者数
プロフィール

かめぞうさん★

Author:かめぞうさん★
詰将棋作家のかめぞうです。

趣味は将棋と読書
好きな詰将棋作家は堀切良太さん。
創作は中学一年生の頃から始めました。作風は不明

好きな小説家は綾辻行人さんと貴志祐介さん。
中二の頃から熱中し、現在の購入本数は約百冊。叙述トリックが大好きで、今は古典を集めている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。